2017年5月  北海道とむかわ竜

2017年5月  『むかわ竜

『とても、とても、不思議!』


『 むかわ竜の発見 』
7~8千万年前の大昔、
北海道は西と東、二つの島に分かれていたそうだ!!

海だった所には
海生爬虫類の首長竜やイカ、タコの仲間であるアンモナイトが
悠々と泳いでいて、死んだ物が海底に沈み化石に成った

そして、ふたつの島がくっついて、海だったところが陸に成った
それが北海道の中央部に当たる むかわ町の穂別地区
化石が多く発掘されている有名な所。 

先日発見された恐竜は陸で暮らす爬虫類で
ハドロサウルス科、体長8メートルの国内最大級の全身骨格と判明

それは、7200万年も地層に眠っていた
こんな巨体の恐竜が かつては、此の北海道の地を
闊歩していたなんて・・・にわかに信じがたいけれど・・・

とても、とても、不思議!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

etsukoyama

Author:etsukoyama
下手で良いという言葉に魅せられて…◎◎◎の手習いで…絵手紙、写真、PC画、ブログ作りと欲張ってトライ中!(*^_^*)/^

アルバム
最新記事
金魚
最新コメント
アクセスカウンター
リンク